IMG 1264

CHAPTER2 TERE Disc (2018)

最近SNSなどで見かけることが増えてきた、ニュージーランド発の新進気鋭のおしゃれなメーカー『CHAPTER2』

 

そんな気になるブランドが、近くで試乗会を開くということでお邪魔してきました。

 

IMG 1276

CHAPTER2のバイクラインナップは2種類だけ。

今年発表された新型エアロロードのREREと、このTERE。そしてそれぞれにリム・ディスクブレーキ版を展開しています。

 

今回試乗させてもらったのはTEREのディスクブレーキモデル。

まずはフレームから。

IMG 1272

ニュージランドはマオリ族の民族紋様をあしらったデザイン。思いっきり所有欲満たしてくれるやつ。

 

IMG 1273

ロゴのフォントはシンプル

IMG 1260

ホリゾンタルに見えるけど、実はわずかにスローピングなトップチューブ。 黒い部分もよく見れば紋様が。

 

コンポーネント

IMG 1257

CHAPTER2はフレーム単体販売が基本で、この自転車はスタッフがアッセンブルした私物。

カンパニョーロの油圧ディスクブレーキという、なかなかお目にかかれないパーツを弄くり倒せたからそのへんを。

IMG 1277

カンパニョーロのロード用油圧ブレーキの最高級グレード、H11。

【4台目】で紹介したDEFYでシマノのデュラエースの機械式油圧STI、ST-R9120(レビュー済)を使っている私としてはとても気になっていたパーツでした。

 

で、実際に乗ってみてどうだったかというと…

 

「やっぱシマノってすごいわ」

 

いやあ…カンパ、個人的には大外れでした。

まずブレーキに関して

IMG 1265

IMG 1269

フラットマウントでローターは140mmかな?

制動力は確実にシマノが上。カンパは、良く言えばコントローラブル…かと思いきや、制動力の立ち上がりどうにも馴染めない。

パッドとローターの相性かもしれないけど、レバーにかける握力と制動力があまり比例していないような感覚で、あるところから突然グッと効いたりして少し怖かった。

 

IMG 1258

で、問題は変速。私自身、カンパのコンポでちゃんと実走するのは初めてなので、H11に限ったことじゃないのかもしれないけど、

なんじゃこのグニャグニャレバーは…

というのが率直な感想。

 

シフトダウン(ワイヤーを引く動作)がとにかく重い。この前に試乗した自転車がeTapだったのもあるけど、最初押しても押しても変速しないから中でワイヤーが切れてるのかと思ったほど。

IMG 1278

ディレイラーはスーパーレコードだし、ケーブルの取り回しも特に問題なかった。

頑張ってぐにゃあとレバーを押し切ればなんとか変速したけど、これを毎回触るのはかなりのストレスになりそう。

 

IMG 1270

ホイールは imeZiってとこの167エアロクリンチャーカーボン

初めて聞くブランド。 たしかハブはDT swissだったと思う。ロゴの雰囲気も車体とあってていい。

 

乗車インプレ

…は、正直言ってあまり書くことがないかなあ

自分のDEFYと比べると、前後スルーアクスルだったりホイールベース短かったりでクイックなのり味かと思いきや、タイヤが太いせいかそれほどでもなく、ハンドリングは良くも悪くも癖がない。

あまりビビッと来るものがなかったというのが正直な印象。

その意味では、【10台目】REREの方がキャラが立ってて好みだったかも。

 

コンポの印象が悪くてそれに引きずられてる感も否めないな…

 

おしまい