IMG 1493

TREK 1000 Discovery Channel (2007)

【メーカーHP】→https://archive.trekbikes.com/au/en/2007/trek/1000#/au/en/2007/trek/1000/details

 

友人の結婚式で長野へ行くついでに信州の名だたる峠をツーリングしてきました。

IMG 1480

その2日目、三本滝方面から乗鞍の畳平へむけてのんびり登っているときにお会いしたサイクリストの1台。

IMG 1491

峠を登りながらお話させてもらううちに意気投合。一緒に畳平を目指すことになりました。

 

もともとは大学のサイクリングクラブで丸石エンペラーのランドナーに乗っていたらしく、この自転車は数年前にオークションの中古で手に入れたものだそう。

IMG 1551

その昔ランス・アームストロングがいた時代のディスカバリーチャンネルのデザイン。

 

IMG 1493

フレームのグレードで言えば入門機になるんだけど、もうこの佇まいだけでタダモノじゃ無いことはひしひしと伝わってくる。

 

細部を拝見しましょう。

 

SHIMANO DURA-ACE FC-7803

IMG 1541

デュラエースの、しかもトリプル。52-42-30tという攻守最強クランク。

旅するロードバイクにはトリプルクランクってほんとにいいチョイスだと思う。

11速になって以降ラインナップからは消え、ついにはフロントシングルなんてものまで人口に膾炙し始めた昨今ではもはや過去の遺物になりつつあるけど、52-30までの圧倒的にワイドなギア比は重装備の自転車でも簡単に峠を超えることができる。

 

SHIMANO 105 ST-5603

IMG 1552

まだシフトケーブルが内装される前の105

IMG 1550

フロントバッグ取り付けのために、うまくアウターを下に逃している。

ちょっと前まではこれが当たり前だったのに、今やシマノのSTIはクラリスまで内装になってしまった。

 

緑のバッジはこの方が大好きな北海道十勝のもの。

聞けば毎年冬に北海道を走っていて、今までの北海道滞在日数は200日を超えるとか。

「冬の雪国の道は最高なんですよ!」
と語る彼の顔は本当に楽しそうで、スパイクタイヤを履いて吹雪の中や凍った湖の上を走った時の写真を見せていただいた。羨ましい…!!

 

コックピットの温度計

IMG 1540

なるほど、それでこんなところに温度計ついてるのね。

マイナス二桁がデフォの北海道では、今何度なのかが視覚的に見えるだけで面白いんだとか。

いつぞやの旅ではこのメモリの下限までふりきったそう… 企画外過ぎてよくわかんないけど、外でチャリのっていい気温じゃないのは確か。

 

SHIMANO SPD PD-M990

IMG 1529

この綺麗なペダルは、シマノのSPD25周年記念で発売されたレア物。良い発色。

シマノ(SHIMANO) PD-M9100 SPDペダル 付属クリート/SM-SH51 IPDM9100
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 50,326

 

CONTINENTAL GRAND PRIX 4 SEASON 25c

IMG 1555

エンデュランス系タイヤの定番 

ここ見ただけでもこの自転車の歴戦っぷりがわかる

IMG 1556

このタイヤはそろそろ限界は来ているようで、トレッド下のひげが見え始めてる。

でもサイドは密な編み込みがしっかりガード。

私はロードでずーっと4000sⅡを使っているけど、通勤がメインになった最近では4シーズンに変えるのもありかなーと思ったり。

 

いろんなことをお話しながらのんびり登っていると、あっという間に畳平に到着してしまった…が、

 

以上です。

 

 

エクストリームな環境を何度も走ってこられただけあって、自転車旅の経験もノウハウもめちゃくちゃ豊富。

 

そのうちのひとつ(?)がこれ。

IMG 1886

IMG 1888

R250のフレームバッグは、おにぎりを▽▲▽▲▽▲と配置すれば容量を目一杯使える。笑

R250(アールニーゴーマル) フレームインナーバッグ R25-L-FRAMEINNBAG
R250(アールニーゴーマル) (2017-07-25)
売り上げランキング: 32,605

 

 

こんな天気だから休憩所で3時間近く足止め食らってたんだけど、お互い今まで走ったところとか、旅の思い出を話してるだけであっという間に時間が過ぎてしまった。

 

天候が一向に回復しないので、諦めて来た道を下りだすとすぐに視界がひらけてきた。

IMG 1532

もともと畳平から登山するつもりだった彼は、雲間に山頂を見つけると、少し迷って

「やっぱり戻って登ってきます!!」

と、また今降ってきた道を登り返していきました。たくましい人だ。

またどこかで!

 

おしまい。