土曜日、夕方。グラベル第三帝国HQに一報が入る。

モリビト

あした林道行くで。

 

直前に出勤予定が消えて一日フリーが決まったところだったので渡りに船とはまさにこの事。さあ楽しい日曜日の始まりだ。


 

出発

集合時間は朝の9時。

少し早めに家を出たので、道中見つけたパン屋で朝飯を調達。

IMG 5240

手頃なお値段でとても美味かった。写真は無い。

 

久しぶりの休日サイクリング。GWぶりとなる仲間とのグラベルライドに胸が高鳴る。

パンを齧りながら傍らの愛車に目をやると…

およそ-0.1bar/h。大丈夫、なんとかなる。なれ。

 

集合〜林道入口へ

早めに集合場所のコンビニに着く。

この時点ではまだ誰が来るのかすらわかっていなかったが、間もなくシマノくんとファナティック遠藤さんのお二人が到着。そこにモリビトを加えて4人での出発となった。

PXL 20221211 010731477

まずは舗装路で林道の入り口を目指す。

山に入っても路端の温度計は12~14℃、12月も半ばに差し掛かろうというのに拍子抜けするくらい温い。ウインドブレーカーを脱いで体温調整しながら舗装路を登る。

 

DSC06522
ハンドサインも忘れずに。

 

DSC06527

最近はランニングに傾倒気味というシマノくん、しんどそう。モリビトから受け継いだBOKEN plusのセンタースリックが苔と枯れ葉の路面で滑る。

IMG 5247

未舗装林道が交差する広場で小休止。

日差しは温く風もない。ひなたぼっこの自転車談義に花が咲く。実もある。

 

グラベル一本目

砂利道に入る前に空気圧チェック。

DSC06531

ファナさんのCANYON GRIZL、カーボンフレーム&ホイールに前サスとドロッパー付きで所謂チートマシン。

身長170後半はあるファナさんでもCANYON基準ではフレームサイズはギリギリS。ひょっとしたらMでもいけたかも。やっぱりサイズ域が日本人の身長分布からはちょいずれてるよな。

DSC06539
モ「俺次の一台これもらうからファナさんもっかいMサイズ買ってや」

 

さあ、セッティングも済んだらお待ちかねの砂利下り!!

スクリーンショット 2022 12 11 18 00 47

舗装路で標高を稼いでいたのでグラベルはほとんど下り基調。

整った路面から徐々に荒々しさを増してくる砂利にテンションも同調する。

DSC06541

DSC06546

展望ポイントもしっかり。わずかに琵琶湖が覗いてる。

 

IMG 5250

gravel : 砂利    これは岩。

ご機嫌ダウンヒルはあっという間に第三帝国名物のガレ場下りへと変わる。落ち葉に隠れた岩片に屠られたリムの数は1本や2本じゃきかない。



 

聞けばモリビトは先日の遠征でもまたリムを曲げた(というか今も曲がってる)んだとか。

PXL 20221211 024128647

1本目のグラベルを下り終えると巨大なモノリスが。辺り一帯に高速道路の開発が進んでいてこの日だけでも多くの工事現場に行き当たった。

 

ランチタイム

当初予定していたコーヒースタンドは休業中。

急遽近くのカフェに飛び込んだんだけど、これが大当たり。

IMG 5263

IMG 5258

IMG 5260

国道沿いのチープなピンクの看板からは想像できないゆったりとした店内で、具沢山の美味しいパスタに香り立つ自家製パン、本格的なデザートの後にちゃんとしたコーヒーまで付いて1000円のランチセットは素晴らしすぎた。超おすすめ。

 

 

グラベル二本目

一同満腹でこのままお昼寝でもしたい気分だが、次のグラベルの入り口は近隣最高峰の山頂近く。

IMG 5264

午前中の青空と太陽が鳴りを潜め、灰色の雲とともに冷たい風も吹いてきた。

林道入口からは早速舗装路で登ってきた分を一気に吐き出すグラベルダウンヒル。スクリーンショット 2022 12 13 0 28 36

ここは以前フカヤさんからお借りしたDAVOS D-309でも走ったところ。


あのときはカーボンホイールに38cのチューブドタイヤだったから恐る恐る下ったけど、今回は47cのエアボリュームにガッツリフレアのハンドルでガンガンいける。

スクリーンショット 2022 12 13 0 29 28

これくらいの路面を下りで飛ばすのが一番楽しいよな。

それにしても皆速い速い。

 

谷筋にまで降りてくるとまた路面もガレてくる。

極めつけが…

スクリーンショット 2022 12 11 17 57 59

崩落ゥゥゥ!!!

 雨裂から谷側の路肩が完全に持っていかれててなんとか緊急回避。

直前まで後ろにいたはずのシマノくんが消えてて「散ったか…!?」と期待心配したけどチェーンが落ちただけで済んだそうです。

 

 

スクリーンショット 2022 12 11 17 58 50

山を降りて河川敷のグラベルをのんびり流してこの日はお開き。

まだ日も高く、最高に丁度いい休日サイクリングだった。

 

おしまい