質問いただいたので、今更ですがもともとフロントシングルだったJARIをダブルにした理由をちゃちゃっと書いてきます。

フロントシングルもそんなに悪くなかったよ

私のJARI、もともとはSRAM APEX1のフロントシングルでした。

IMG 8354
前が40t × 後 11-42tの構成。


自分はダブルどころかトリプル信者なので、RALEIGHやマディフォックスなんかは未だに前3枚です。
輪界のみなさんにはどうにも難しいようですが、実は2x11<3x9なんですよ。

IMG 8504
世界一カッコいいクランクはFC-6604です(断言)

 

ただ、試さずに貶すのもバツが悪いので一回は使ってみるか…と、そのまま旅に出てみたら、これがなかなかどうして悪くない。

IMG 8159

重装備でのツーリングではケイデンスにシビアになる必要がなく、トータルで適当なギア比さえ満たしていれば無問題。
SRAMのダブルタップレバーの操作感が楽しかったこともあって、当初はこのまましばらく使ってみるかとさえ思ってたほど。

 

フロントシングルの問題点

が、やっぱりというかどうしても不満な点も出てきます。
それは主にはクランク側というより、合わせるスプロケットの問題。

グラベルバイクに必要なギア比を1×で確保しようとすると必然的にかなりワイドな構成になってきます。
たとえばSRAM APEX1で使用するPG-1130(11-42t)の場合、

PG-1130

11-13-15-17-19-22-25-28-32-36-42T

トップ側は2T刻みで、ロー側に掛けて3T〜6T差とかなりギャップがあります。そのため問題がいくつか。

ギアの繋がりが悪い

JARIは意外とロードよりのジオメトリなのもあって平地なら28km/h前後を維持して楽に走れるのですが、ツーリング中のフル装備ならいざしらず、日帰りライドや河川敷のサイクリングロードでスピードに乗ってくるとギアのつながりが荒すぎてとてもキモチワルイ。

IMG 7099

ちょっとした向かい風とか、上り下りというほどでもない緩い坂なんかでもギア比の変化が大きすぎて痒いところを通り過ぎていってしまう長すぎる孫の手状態に。

別にスピードを求めるわけじゃないけどそもそもグラベルロードを買った理由の一つが、未舗装路を含む150~200km程度のロングライドをすることにあったので、オンロードでの走行性能はどうしても捨てられない。

IMG 9328

実際GRXのダブルに換装して臨んだ北海道ツーリングでは春の富士旅以上の装備量&未舗装率で一日最高230km、実質4日で670kmという距離を走破できました。1xなら絶対途中でやる気なくしてた。

 

スプロケットの歯飛びが怖い


ツーリングでも実は全く問題が無いわけじゃない。

重装備のツーリングでは急な上りなどでどうしても強めのトルクで踏まなければならない場面があって、その際かなり苦しそうな「ッカーッン!!」という音を立てて無理やり変速を完了させています。
あれは絶対チェーンにもカセットにも多大な負荷がかかってるから、それならいっそ前を増やしてリアをクロスレシオにするほうがチェーン切れたり歯が飛んだりという大きなメカトラブルは少ないような気がしてます。


そのメリット、ほんと?

身もふたもないことを言えば、フロントシングルの利点が自分にとってそれほどメリットになっていないのでは…?とも思い始めました。

「フロントシングル メリット」で検索したら初っ端にこんなのが出てきたので個別に見ていきましょう

フロントシングルのメリット

  1. フロントディレイラーのトラブルが無くなる
  2. チェーン落ちが少なくなる
  3. 変速の迷いが無くなる
  4. クリーニングやメンテナンスが楽になる
  5. 車体重量を抑える事ができる
  6. 車体破損のリスク低減

1.フロントディレイラーのトラブルがなくなる

そもそもの話、フロントディレイラーってそんなトラブる??

これでもちょっと多いなって意外だったくらい。

リアディレイラーならわかる。簡単に逝く。年に一度は同行する誰かのが死んでる。

マウンテンバイクでハードに飛び跳ねるならいざしらず、グラベルロードやまして普通のロードバイクでフロントディレイラーがぶっ壊れるってなかなか無いと思うのです。

それに壊れても最悪羽根を切ってしまえばそこからフロントシングル運用できるわけだし、リカバリーも容易。

 

2.チェーン落ちがなくなる

今のディレイラーってスタビライザー付いてるからダブルでもなかなか落ちないんです。

IMG 9693

こんなとこドンドコ走ってるけど落ちたことありません。

3.変速の迷いがなくなる

これはちょっとわかる。考えることが減ってある面では良かった。でも、自分はサイクリングの楽しさの数%にはギアの操作も含まれてるので楽しみが減るとも言える。

4.クリーニングやメンテナンスが楽になる

掃除もたしかに楽。ダブルのインナーリングなんてウエス拭き程度の日々のメンテじゃ届かないもんね…

5.車体重量を抑えることができる

グラベルバイクの場合、実は殆ど変わらない…どころか重くなる場合まである。

IMG 7386

原因はこれ。ローグレードのドデカイスプロケってめちゃくちゃ重くて、APEXのこいつは単体で圧巻の530g

GRXで使用するSHIMANOのHG800 11-34tは335gなのでこれだけで200g差。この200gをフロントのチェーンリングとディレイラーだけで吸収するのはかなり高グレードのものに変えないと厳しいです。
走行性能的にもホイールにこれだけの重りつけるのはかなり影響デカイ。

6.車体破損のリスク低減

フロントディレイラーがあることでフレームが逝くような場面ってそれ確実に他も死んでるやつでは…?

 

てな感じで、実際に享受できたメリットは掃除の楽さくらいのものでした。

 

まとめ

マウンテンバイクや、ほとんど山の中の未舗装路しか走らないっていう純粋なグラベルグラインダーなら活きてくるのかもしれませんが、アプローチやロングライドに未舗装路を組み込みたい自分のような使い方にはダブルのほうが向いている、というのが今現在の結論です。

IMG 9094

GRXでダブル化した感想も近々まとめます

おしまい