ブラケットカバー、腐食??

帰ってきたDEFYのハンドルバー交換のためにSTIを外そうとしたところ

IMG 1143

IMG 1189

Oh...
ブラケットカバーの表面が腐食したのか劣化が進み、軽くめくっただけでボロボロと破けだしてしまいました。

モノはST-R9120、天下のデュラエースの機械式油圧STI

購入したのは3年前で、直近1年は諸事情あって屋内死蔵状態だったので実働2年の走行距離は1万km弱といったところ。

他にもっと古いSTIレバーも手持ちにあるけど、こんなに劣化したのは初めて。

Dura-AceのDuraってどういう意味だっけな????

 

仕方がないのでスペアのスモールパーツ探し。型番はY0C698010

シマノ製品は品薄という話を聞いていたので不安だったけど、案外普通に売ってた。

 

ポチって翌日到着。

IMG 1181

スモールパーツだから適当な袋売りかと思ってたら案外立派な箱入り。

リスト見る限りアルテグラグレード以上がこの仕様みたい。

 

新旧比較

物は全く同じ。

IMG 1188

この向きではそれほど違いがわからないけど、

IMG 1192

IMG 1194
こう見ると明らかに根本側がガバガバ。

感触も破れた場所の付近は明らかにペラペラになってたけど、たかだか1万キロ乗った程度でここまで劣化するか?

思い当たるのはブリーディング時に溢れたオイルが付着したくらいだけど、ミネラルオイルってそんなに攻撃性高くないし、謎。

 

取り付け

さて、問題はここから。

ブラケットカバー、メーカーが推奨しているのはレバー後ろ(ハンドル側)からの取り付け。

でもそのためには油圧ホース引っこ抜いてまた再度ブリーディングという地獄を抜ける必要があり、当然却下。

となると後は前から嵌めるわけですが、調べてみればこんな方法が↓

 
なるほどこれなら楽そう

 

…が、ここで一つ問題があって、

機械式油圧STIは動画にあるようあ電動油圧やノーマルのSTIと比べてとにかく頭がデカいんです。

IMG 1193
これほんまに通るんか…???

とはいえやるしかないので、行きます。

IMG 1196
レジ袋突っ込んで…

思いっっっきり引っ張る!!!(全力だったので写真なし)

全力で引っ張ってギチギチとゴムを滑らせ、なんとか最大口径部を超えた!!…と思ったら

IMG 1203
なんかもンの凄い圧かかってる突起が見える

今にも破れそうだったので大急ぎで引っかかりを外す

IMG 1202
犯人は内側へ倒すレバーのアームでした。ちょうど隙間あいてるから注意。

 

IMG 1206
あとは適当に形整えて、バーテープ巻いたら終了

ブラケット交換の作業時間は15分くらい

頭でっかちの機械式油圧レバーでも頑張れば前からのブラケット交換は可能でした。

 

おしまい