グラベル第三帝国が征く秋の京都グラベル、その記録。



薄い雲に青空が覗く秋の日、久しぶりの京都グラベルを堪能するべくいつもの市原ローソンに集まった第三帝国の面々。
談笑もそこそこに早速花脊峠へと侵攻開始。

DSC03425

確かに青空だったんだよなぁ…


鞍馬を抜けて峠道、それぞれに悪態を吐きながら急坂を進む。何度登っても辛いもんは辛い。むしろ回を重ねるごとに増して辛い。

この点に関しては「年々峠の標高と斜度が上がっている」というモリビトの説が一定の支持を集めた。自らを絶対の中心と定める揺るぎない自意識は天動説を彷彿とさせるが、「それでも俺たちは老いている」などと口にしようものなら帝国異端審問への強制召喚は確実であるから下手なことは言えない。

DSC03427

一昨日の単独小浜ロングライドのダメージが深くインナーローでもふらつく体たらくで息も絶え絶えなんとか峠へ。

峠からさらに上りお馴染みのガレた林道を目指す。

DSC03437

麓から覗いていたはずの青空はいつのまにか霞に覆われてしまった。薄々気がついてはいたけれど、額を濡らすこの雫はどうやら汗ではなさそうだ。畜生め…

GH010191 MP4

GH010191 MP4
普段からぬかるみの多い尾根筋、リムまでしっかり泥に埋めながらジャバジャバ進む。ケツは死んだ。

 

そしてお待ちかねの下り。これが強烈だった…

ハスればタイヤをぶっ裂く鋭利な岩片、斜めに乗れば転倒必至の平な岩面、京都でも屈指のガレ場に陣取る凶悪な伏兵たちが、あろうことか大量の濡れた落ち葉に身を潜めている。枯葉剤すら味方につけたベトコン相手に雨のゲリラ戦を挑むが如き無謀な行軍も、総統どんちゃん自らが先陣きって突っ込んでいくものだから雑兵の我らに撤退の選択肢はない。

てなわけで、突撃ィィいい!!!!

 

「あかんあかんあかん!!!」
GH010191 MP4

GH010193 MP4
ムリムリムリムリキイテナイヨコンナノー!!!


途中何度も前輪のグリップが抜けかける。いつもなら勢いで飛び越えるドロップも、着地点が落ち葉に隠れて怖くて飛べたもんじゃない。これ以上無いくらい腰を引くが、それでも怖くて思いっきり力んでしまう。おかげで上半身がバッキバキ。

 GH010193 MP4
このコンディションの中スリックタイヤでスイスイ進んでるどんちゃんまじでナニモンだよ…

GH010194 MP4 と このチャンネルの動画 YouTube Studio
杉林を割る渡渉林道はいつにも増して水量が多いが、ここまでの道がアレ過ぎたせいでむしろ走りやすく感じてしまう。

「水の中走ったほうが安全な気がする」


「わかる」

GH010194 MP4 と TweetDeck
杉枝の上を飛ぶモリビト。並走。楽しすぎて笑いが止まらない。

DSC03485
林道を抜けてお地蔵さんの前で大休止。みんないい笑顔。

当初の予定ではここからさらに山奥へ進む予定だったが、未だ雨は止まず目指す方角の空は真っ黒。さらに総統が電波圏内ギリギリで3G爆雷(お仕事メール)の直撃を受けたこともありこの日の侵攻はここまでとなった。

 

IMG 9682
峠を下って市原ローソンまで帰ってくると嘘みたいな青空でお日様がぬくい。この中指にすべてを込めて。

 

その後は市原に移転してきたというローストビーフ丼で有名な『すてーき丼屋』さんでランチタイム

DSC03505
肉・米大盛りで1400円。めちゃくちゃボリュームあって味も絶品でございました。

 

 

終わってみれば峠を越えてグラベル下ってランチで解散と、この上なく健全なグラベルポタリング。

DSC03509
南に帰る3人、まだ日の高い市内をおしゃべりしながら帰るのでした。


あー楽しかった!!



おしまい