君は深夜の県道に横たわる首の無い獣骸を見たことがあるか 突如立ち込める強烈な死臭。ブラインドカーブの先に、頭部をねじ切られた鹿の骸が横たわっていた。死角から追い迫る猪、鎖で繋がれた廃村の白犬、屋根の落ちた廃屋から漏れる人の気配。夜の県道43号線。決し ...